top of page
  • 執筆者の写真原田和明

報道に配慮を!依存症支援団体からの声明

依存症支援団体からの声明 2024/05/12

家族の立場で依存症支援に取り組む団体の連名で、以下の声明を出しました。

依存症からの回復途上にスリップはよくあることですが、違法薬物の場合は、逮捕につながるという厳しさがあります。

回復の場であるダルクへの差別偏見が助長されないよう、また実名報道で回復途上の若者たちの将来を潰さないよう、配慮した報道をお願いします。

*************************************************************

声 明

2024年5月12日

大型連休明けの5月8日朝7:40頃、京都府警木津署は、ダルクにおいて入寮者3名を覚醒剤取締法違反で逮捕しました。

警察からメディアへのリークがあったのでしょう。朝日新聞、産経新聞、京都新聞、朝日放送、読売新聞、毎日新聞、関西テレビ等が続々と報道。うち、産経・毎日・関西テレビは実名報道で、翌9日のセンセーショナルな家宅捜査の映像も含め、多くの記事がYahooニュースなどにも掲載され拡散されています。

家族の立場で依存症支援に取り組む私たちは、この事実に驚きと、悲しみでいっぱいです。

ダルクは、依存症者が安心して回復できる場である必要があります。

入寮者が逮捕されたことで、世間の人々は「ダルクは怖い!」と思ってしまうでしょう。

住民の反対運動がますます強まる懸念がありますし、悩んでいる家族や当事者からダルクに相談しようという意欲をそぐことになってしまいます。

また実名報道はデジタルタトゥーとなり、依存症者の将来を潰すだけで、なんの役にもたちません。

依存症やダルクに対する社会の無理解や偏見差別に、私たちは長年苦しんできました。

失敗しながら仲間の中で回復していく場所がダルクです。

家族は依存症者がダルクで回復の道を歩んでいることにどれだけ救われるか、このことをわかっていただきたいと思います。

私たちは、ダルクや依存症者が、差別偏見にさらされることがない社会を望みます。

この事件を契機に、依存症とダルクへの正しい理解が進むことを心から願い、依存症問題の正しい報道を求めるネットワークによる「薬物報道ガイドライン」を添えます。

メディアは、逮捕される犯罪という印象だけでなく、回復可能な病気であるという事実をぜひ伝えていただきたいと思います。

NPO法人 全国薬物依存症者家族会連合会(略称やっかれん)

理事長 横川江美子

NPO法人 ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

代表 今成知美

公益社団法人 ギャンブル依存症問題を考える会

代表 田中紀子

NPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会

代表 大澤妙子


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロバート・マーティン氏 逝去

障がい福祉、特に知的障がいのある人を支援している方はよくご存じではないかと思うのですが、知的障がいのある当事者として初の国連障害者権利委員となった、NZのローバート・マーティン卿が5月1日に亡くなりました。 昨年10月に日本を訪れピープルファーストの大阪大会など会合に参加されていました。また、障害者権利条約の対日審査にも携わっていて、未だ日本が脱施設化されていないことやグループホームを地域生活とす

Kommentare


bottom of page